聖夜

「聖夜」

この曲の作詞は甲斐だけど、作曲はもんた&ブラザーズのギタリスト。
意外な感じもするけど、この曲のアレンジャーがこれまでとは違った方が行っていたのだから、様々な人が絡んでいても不思議じゃないかもしれない。

曲を自分じゃない人に敢えてつけてもらったのは、作詞が自分で行っていたにしても、それまで作ってきた世界とは見事に異なっていることからして、何かの想いをこの曲で表現しようとしていたのかもしれない。
バンドの在り方とか進もうとする方向性とか、そういうバンドがらみのことじゃない気がする。

この頃は私事でいろいろなことがった時期と重なっている。
決して、そういう裏舞台のことは口外しなかった頃のことなので知る由もないけれど、だからこそ演奏してるのはバンドだけれど、曲自体は甲斐自身のことだった感じが強い。