「グルーピー」

アルバム『マイ・ジェネレーション』には、ライブ活動にまつわる曲が結構多いような気する。
「HERO」というヒット曲を挟み、地道なライブ活動を生命線としたバンドは『誘惑』というアルバムに行きつき、そして『マイ・ジェネレーション』にたどり着いた。
曲もそれまでの郷愁・哀愁の世界から官能の世界へ、そして世代論を語りながらも、ライブ重視は変わらなかった。
バンドのライブは多分この時一旦は最高潮を迎えていたように思う。
だから、ライブを振り返ってみると、そこには様々なエッセンスが転がっており、まるで信者の如く熱狂的に追い掛け回す者も結構いたと思う。
うまく言えないけど、「甲斐はクセになる」というのは、多分この頃も後も同じで、そうなるような魅力があったんだろうな。
で、グルーピー。
今は死語になったこの言葉も、当時はまるでつきもののように言われてた時代があった。
グルーピーまで行かなくとも、それに近い存在はライブを生命線とするバンドには必要だったんだろうな。
だから、そういうことも残したかったということかな。
さすがにこういう曲は甲斐には書けない。
で、松藤の登場となったんだろうけど、詞を呼んでも意味不明だし、曲としては歌いこなしを思っても不十分だった。