観覧車82

「観覧車82」

この曲については、甲斐個人のこだわりがあったんだろうね。
紡ぎ合わせた詞の世界だけではなく、音的アレンジ的な意味で。
アルバム『破れたハートを売り物に』に衆力されたものと、『虜/TORIKO』に収められた曲は同じものだけど、表現された世界が異なる別の曲になっていた。

多分、原曲「観覧車」は曲を書いたものの、その世界をどう表現していいのか霧の中にいる心境で発表してしまい、『虜/TORIKO』を製作するにあたってミキサーがどうアレンジしていくのかに賭けてた部分があったと思う。

バラード調で大人びた世界観があった曲が、ポップで斬新さを伴った曲となった。

ただ、個人的にはレコード録音という意味では原曲を大事にしたい。
大人が昔を懐かしむ洒落た楽しみは、ポップである必要はなく、逆説的にバラード調で大人びた感じで演じているところが好きだった。
「観覧車82」については、これを基にライブ演奏を重ね、解散ツアーであったPARTYでの演奏が良かったと感じてる。
ポップさに落ち着きが出てきて、これなんだよと思ったもんだよ。