破れたハートを売り物に

アルバム『破れたハートを売り物に』

アルバムジャケットが秀逸だった。
後にチャートの順位を聴いた時、最高位が3位か、なんで3位なんだろうと感じたことがこのアルバムに対する想いを象徴していた。
斬新かつ大胆で、ストレートなロックナンバーもあれば、甲斐のアクの強さを感じる曲と染み入るバラードもあって、バンドに対する想いがアルバムに表現された初めてのアルバムだった。
アルバムを通して、バンドのイメージはこれなんだよ、という想いが強い。
音やアレンジに関するこだわりは、甲斐にはあって「破れたハートを売り物に」と「観覧車」はこの後、録り直すこととなっていったけど、幼いという意味ではなく、成長しきれないギリギリのライン上にいるバンドが好きだった。

バンドをどいうものにするのか、それは曲の出来具合と演奏によって積み重ねられていくけど、そういうこれでもまだ発展途上なんだよ、と言ってる様なところが実に味わい深いものがある。
自分の置かれた状況とここまでの変遷、そして自らの生い立ちまで含めたような表現内容は、ロックバンドとはこうありたいよなと思わせた。

甲斐バンドが解散を決めて、その代名詞になるようなアルバムを、、、ということで『LOVEminusZERO』が作られたけど、それは到達点ということであって、バンドの代名詞はこのアルバムだった。
今でも強くそう思うよ。

破れたハートを売り物に

中古価格
¥8,426から
(2017/9/2 19:51時点)