「一世紀前のセックスシンボル」

アルバム『地下室のメロディ』に通して流れてる曲アレンジは、あまり好きではなかったんだ。
「漂泊者/アウトロー」にしても、もっとアレンジの仕様もあるだろうと思っていたから。
でも、そんな中でもこの曲は別だった。

女優・烏丸せつ子が、この曲には影響してるらしいと聞いた。
当時を知る者としてはなるほどと思わせることはあったけど、そういうことは別にして曲の曲調に思い切り特徴があった。
この頃はライブバンドと言われ、スタジアムライブを意識した活動が顕著だったけど、ライブをやるということと曲を作り上げることが別にされていた感があって、アルバムの変遷を想うとこの辺りで停滞してた感じが強い。
でも、そういう中でもそこにはまってしまうことがるんだね。
この曲がまさしくそれで、アルバム『地下室のメロディ』の中では珍しい曲だった。
甲斐の使う甲斐語という言葉遊びみたいな表現もあったりして、この曲一つでも十分楽しめるものだった。