嘘-たわごと

懐かしき甲斐バンド、甲斐よしひろを振り返りながら、時を思う

たわごと~シー・スルー3

「シー・スルー」

バンドの匂いも残しつつ、それより甲斐ソロ第2期の匂いがしてるこの曲。

KAIFIVEの曲というイメージがあまりわかないのだけれど、それでも演奏が良いな。

全体的なイメージを曲名で表したという感じだけれど、そのイメージなのか季節的には夏という感じがし、でもそこにはKAIFIVEというハードなイメージがついてこないな。



たわごと~四月の雪4

四月の雪

「四月の雪」

KAIFIVEが出てきて、このユニット独特のバラードってなかった気がする。
あってもカバーだったりして、実はそこが気になっていた。

刻まれるビートがしっかりしていて、KAIFIVEでなければ「四月の雪」のようなバラードは出てなかった。
バラードでいて、しっかりビートもボーカルもアピールできている。
モチーフの良さも手伝い、しっかりした曲というイメージが今でもあるね。

なんというか、この曲を聴いてると落ち着くものがあるよ。
ハードロックバンドはバラードを書いて表現しても一級品だったということかな。






たわごと~ブラック・パラノイア3

うっすらだけど、バンドの匂いも感じられる。

ただ、演奏そのものはKAIFIVEでないとできなかっただろうし、詞的にもハードロックのエッセンスが見え隠れしている。

バンドになかったこのビート感はKAIFIVEのものだろうし、でもどこかバンドの匂いがするんだよ。

この曲が出た時期は、甲斐から離れていた時期というのもあって、曲の向こう側にあるものが見えないのだけれど、泥臭さが抜けたようなこの曲は意外にお気に入りの曲だったりしてる。






たわごと~ラブ・ジャック3

ラブ・ジャック

「ラブ・ジャック」

アルバム『LOVE・JACK』の先行シングルだったこの曲は、何故かカタカナ表記だった。

ファーストアルバム『幻惑されて』で醸し出されたKAIFIVEの雰囲気は、重層でありながらキレの良さが真新しいもので、それまでバンドやソロで甲斐が演出したものの中にはなかったものだった。

じゃあ、その次は、、、と思ったところに出てきたこの曲。
かなり重層感が強くなった感じのアレンジには、かつてのバンドのエッセンスが入り始めたところがあった。
曲の展開もそうなんだけど、ハードロック路線で攻めてきたKAIFIVEに期待したのは、感じたことのないKAIFIVE感だった。

シングル曲とはなったけど、この曲は一般受けはせず、しかしバンド時代から聞いてきた者の感覚には響くものがあるだろうと感じていた。





レコードジャケット~「裏切りの街角」4

裏切りの街角


甲斐バンドセカンドシングルが「裏切りの街角」だった。

この曲が出た当時、ボクはまだ中二で、音楽業界とか芸能界とかそういうところにはほとんど興味がなかった。
たまの休みの日中、昼飯を終えてなんとなくTVを見ていたら、顎をしゃくるよに白いシャツ来て、懸命に歌ってたグループが目についた。
アイドル音楽番組だったと思うけど、当時は雑多な音楽と今でいうバラエティ番組が多かった。
ほとんどが、歌謡曲とフォーク、そして演歌の歌手たち。
そうした番組で初めて甲斐バンドを見た。
いや、甲斐バンドとは知らずに見ていて、何故か今でもその当時の模様は脳裏に残っている。

その時歌われていたのが「裏切りの街角」。
そのスタイルはフォークのようで歌謡曲ではない、だけどはっきりフォークといってしまうには違うような感覚を持っていた。
どこか演歌みたいだな、というのが素直な感想だった。

彼らは彼らなりに必死な状況だったんだろうな。
それは甲斐バンドと知らずに見ていても感じるものがあった。
甲斐バンドが甲斐バンド足りえた初めての曲、それが「裏切りの街角」だったんだろう。

シングルが発表されていきなりという展開ではなく、オリコンでベスト10入りするまで4か月もかかっていた。
最高位7位だったかな。
優先で売れていたとは聞いていたけど、結構なロングセラーとなっていた。

デビューは自分たちのスタイルが出ていなかった。
そこから「裏切りの街角」にくるまでは、長いトンネルの中でようやくその扉を開けた、そんなイメージがレコードジャケットとして現れていたような気がしてる。







たわごと~アルバム『幻惑されて』4

幻惑されて①

アルバム『幻惑されて』

甲斐が‘KAI FIVE’というユニットを組んで発表したアルバムの第一弾。
思わずハードロック路線か!と思ったほど、ショックはあった。
詞もメロディもビートも、それまでのものとは明らかに違い、甲斐が全く別の人物に見えた。
これはそれまで見せなかった甲斐の一面だったんだろうな。

でも、プロのテクニシャンであるミュージシャンが甲斐の元に集まったなという感じも持てたような気がしてる。
このまま、行くのかな?という疑問符がついたのも確かだったけど、今にして思うと、‘KAI FIVE’という独特の匂いがしたのはこのアルバムだけで、それだけ貴重だったアルバムだった。

蛇足ながら、ギタリストの多奈加 裕千(ヤッチ)のボーカルは素晴らしかった。








たわごと~OH MY LOVE5

「OH MY LOVE」

この曲はジョンレノンのカバーだったか、、、

ボクの記憶も怪しくなった。

でも、ハード路線で攻めてきた甲斐が、こういう方面にいくとは展開的に読めなかったものの、どこかそういう匂いがしたのも確かだった。

音楽という世界には疎くても、こういう匂いは結構なお気に入りでもあるよ。

確かにカバーだし、最初から甲斐がこういう曲が書けるとも思わない。
でも、訳詞は甲斐じゃなかったっけ。
メロディと演奏、そしてアレンジがとっても訳詞にハマっていて、いい感じなんだよなあ。






たわごと~顔役4

「顔役」

甲斐って、バンド時代の後期からこの曲のような世界が好きで、似たような曲があった気がするよ。

この曲もバンド時代から演奏されようとして曲らしいけど、KAIFIVE登場によってようやく陽の目を見たという感じになった。

こういう曲の世界はハードボイルドという虚構の世界でありながら、作り方によっては非常に面白そうな世界でもある。
けれど、あくまで曲としての表現になるわけだからギターにしてもドラムにしても、かなりの演奏家でパワフルでないと面白みが出ない。

結構好きなんだよね、この曲は。
KAIFIVE初期で良かったと思うんだ。






たわごと~報酬(名ばかりで愛しいビックマウスブルース)3

「報酬(名ばかりで愛しいビックマウスブルース)」

ビートの利いたスリル溢れるスピード感を感じるドラムが印象的な曲ではあったけど、ボーカルが入るとビート感が従来のものに落ち着いてしまうところが面白かった。

報酬をわけまえと読ませていたことがミソだったけど、お金にまつわる曲を書いたのはこれまでになかったし、ユニークな世界でハードロックを感じさせるものだったから、余計に面白かった。

この曲もまた、KAIFIVEでないと演奏できなかっただろうし、それもデビュー当時のKAIFIVEでないといけなかった。






たわごと~ヒーリングタイム3

「ヒーリングタイム」

この曲の作曲は、リードギター担当の多奈加 裕千だった。
この曲になってようやく甲斐以外のメンバーが曲作りに一役買っていた。

作詞と作曲、どちらが先だったのかはわからないけど、それまでの甲斐には見られなかった要素が散りばめられている。
直接的には作詞は甲斐ということになっているけれど、ハードロックのエッセンスを出そうとしたら、甲斐以外のメンバーの力が必要だった。
そしてそれが如実に出た曲だったように思うね。






プロフィール

モン太

ギャラリー
  • たわごと~四月の雪
  • たわごと~ラブ・ジャック
  • たわごと~ラブ・ジャック
  • レコードジャケット~「裏切りの街角」
  • たわごと~アルバム『幻惑されて』
  • たわごと~幻惑されて
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
TWITTER




CD・DVD

KAI BAND&YOSHIHIRO KAI NEW YORK BOX(DVD付)

新品価格
¥15,726から
(2017/2/11 15:39時点)



甲斐バンド・ストーリーII

中古価格
¥1,589から
(2017/2/11 15:40時点)



カオス( 2)

中古価格
¥2,500から
(2017/2/11 15:41時点)



Highway25

中古価格
¥6,575から
(2017/2/11 15:42時点)



甲斐よしひろ: ROCKUMENT BOX [DVD]

中古価格
¥24,650から
(2017/2/11 15:43時点)



THE BIG GIG [DVD]

中古価格
¥9,000から
(2017/2/11 15:44時点)



HERE WE COME THE 4 SOUNDS [DVD]

中古価格
¥2,825から
(2017/2/11 15:44時点)



Big Night~KAI BAND LIVE AT BUDOKAN 1996~ [DVD]

新品価格
¥2,722から
(2017/2/11 15:45時点)


最新コメント
記事検索
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ